不動産投資のデメリット

マンション不動産投資、最大のメリットというと、大きな金額で購入しなければならないという点でしょう。株式投資でも個人にとっては非常に大きな金額を動かすこともありますが、マンションの購入、アパートの購入となるとかなりの高額なお買い物となります。

人生最大のお買いものというと、我が家の購入とよく言われますが、不動産投資も同じく人生の中で高額なお買い物となります。人によっては不良物件を押し付けられ一生を棒に振る事態に陥ってしまう方もいます。高額な不動産を購入しても大丈夫なのかという気持ちを持ちつつ、投資しなければならないというのは大きなデメリットです。

その次にデメリットとなるのが、流動性が非常に低い投資となる事です。株式やFX等の人気投資商品がありますが、その中でも不動産投資はかなり流動性が低くなります。自己資金が少なく、苦しくなっても即売却ということができません。売りに出せばすぐに買い手があるということはないのです。

さらに不動産についての知識を持っておくことが必要です。株式投資やFXなども知識、情報が必要となりますが、不動産投資もしかり、勉強が必要になります。専門的知識を持っていないと、悪い物件を売りつけられてしまうこともあります。高度に知識を持っておけとはいいませんが、できる限りの知識を持っておく方が安心です。

不動産投資のメリットを知っておこう

不動産投資の仕組みを理解したら、メリット、デメリットも理解しておくべきです。まずはメリットですが、何よりも不労所得が得られるという点でしょう。自分が働くことなく、体を動かすことなく、不動産があることで勝手に家賃収入等の所得を得ることができるのです。毎月、定期的に不労所得が得られるというのは不動産投資の最大のメリットでしょう。

融資次に、不動産投資の際、不動産を購入されるとき、銀行等金融機関から融資を受けやすいというメリットがあります。不動産投資目的、つまり住宅やマンションなどの「モノ」を購入するための資金です。しかもその「モノ」はお金を生みます。銀行は融資する際、高額になると担保を求めるのですが、担保を得るのと同じことになるので、融資してくれ安くなるのです。融資を利用できる不動産投資というのは、非常に効率のいい投資になります。

さらに、不動産投資は株式投資などと比較すると安定的な投資になるという点が挙げられます。不動産は大きく値下がりするということも少ないですし、株式のように翌日になったら価値が紙切れのようになっていた・・ということもまずありません。投資という面で安定的要素が強いのは非常に優れた商品であるといえます。

家賃収入と売却益

不動産投資の仕組みといっても、非常にシンプルです。どの不動産を購入すればいいのか、どの地域を選んで購入すればいいのかという、目利き的な部分や不動産そのものに関する知識をつけることも必要となりますが、仕組みそのものを考えると非常にシンプルなものなのです。

お金まず不動産を所有していなければ、いい物件を見つけて購入します。家賃収入目的なら一般的にマンションやアパートになります。もちろん土地を持っているという方は、そこに賃貸物件として建物を建ててもいいです。その物件を他人に貸出、家賃収入を得る、これで不労所得を得ることができます。仕組みの一つはこの家賃収入です

もう一つは売却益を得るという方法です。不動産を購入し、その不動産が購入金よりも高く売却できる時に売りに出す、これによって売却益を得るという方法です。この場合、所有している家が、購入した時より高くなったので売りに出したということも不動産投資になりますし、投資目的で不動産を購入して時期を待ち、高くなったところで売却するという行動も不動産投資といえるでしょう。

不動産投資はこの二つの収入の得方が仕組みとなるため、投資の中でも非常にシンプルな投資といわれているのです。

不動産投資はシンプル

賃貸収入最近サラリーマンや、企業を退職された方が不動産投資を行っているという話をよく聞きます。不動産投資というと、不動産を購入し賃貸収入を得るなど不労所得を得ることができる方法として人気があります。アパート、マンションなど購入、また所有している物件を賃貸として貸し出すことで家賃収入を得る、もしくは購入した物件を購入金額よりも高く売却し、売却益を得るという方法です。すでにそのもととなる行為が、江戸時代から行われていたと聞くと、かなり歴史の長い投資と感じます。

なぜこれほど長い間、不動産投資が延々と続けられてきて、今の時代にも残っているのかというと、仕組みが非常にシンプルだからです。ハイテク商品を販売する企業に投資するといっても、その仕組みが複雑なのである程度の専門知識を持っていないと、その企業が伸びるのかどうかもわかりません。しかし不動産投資は、非常にシンプルな仕組みとなっているので、誰でも理解しやすく、手を出しやすいのです。

江戸時代、当時は土地が少なく住宅を保有するということが非常に難しい事でした。土地、建物を保有している人が、保有していない人に提供する、当時はまだ、投資というよりも公共的な意味合いが強い行動でした。

全く内容がわからないような企業に投資するよりも、作りがシンプルで理解しやすい不動産に投資するのも納得です。当サイトは不動産投資の仕組みを皆様にお伝えします。当サイトがこれから不動産投資をされる方の情報サイトとなれば幸いです。